美的健康生活

健康でキレイになりたい!鍼灸・薬膳・マインドなど、私が実践していることの記録です。

スポンサーリンク

梅雨の養生法 ジメジメとした梅雨をうまくつきあう方法

スポンサーリンク

今年から勉強を始めた、薬膳。

なかなか奥深いものがあります。

 

6月は梅雨の授業でした。

 

梅雨は雨が続き、湿度が高くなります。

その湿度の高さで身体が重く感じる人もいるようです。(私はあまりないかな・・湿気で髪の毛が爆発するくらい・笑)

 

梅雨時期に起こりやすい症状

  • 余分な水分が原因の下痢
  • おりものの増加
  • 喘息の悪化、湿疹
  • 全身もしくは局部的なむくみ
  • 身体がだるい・重い(湿邪が体内に入り、重濁性に)
  • 気血の流れが悪くなる→一生懸命流そうとして、昔の古傷が痛む(湿邪が体内に入り、粘滞性に)

 

消化器系、薬膳の「脾」の働きが弱っていきます。

脾が弱る

消化・吸収がうまくいかない

倦怠感・身体のだるさ・肌トラブル

 

暑くなるので、熱がこもり、暑さで体内の湿も温められてのぼせることも。

余分な水分がたまっている人は冷え・暑さに弱くなります。

 

ということで6月は

  • 体内から湿を取り除く

  • 脾の働きを助ける食材をとる

  • 汗をかいたり、体表の湿邪を発散させる

ことがポイントになります。

 

 

 

スポンサーリンク