美的健康生活

健康でキレイになりたい!鍼灸・薬膳・マインドなど、私が実践していることの記録です。

スポンサーリンク

三陰交にお灸をするということ。男女問わず、不妊に悩むなら三陰交!


お灸の本を読んでいると
必ず、三陰交のツボが出てきます。
ツボとなると、レギュラーメンバーのように出てくる、三陰交。




私も鍼灸院でオススメされて、必ず三陰交にお灸をしています。


三陰交の意味と役割


「3つの経絡(三陰)が交わるところ」という意味で「三陰交(さんいんこう)」
「三陰交」は、
肝経(肝臓へとつながる経絡)
腎経(腎臓へとつながる経絡)
脾経(脾臓へとつながる経絡)
の、3つの経絡が通っています。
この流れをお灸でよくすることでさまざまな症状への効果が期待できます。

三陰交の効果



冷え性
・月経不順
・月経痛
更年期障害
そして
・内臓や生殖器系統の働きUP
と女性のツボと思われがちですが、
男性は勃起障害に効果アリ。

また、子宮の血流量が増えるという論文もあるそうです。不妊治療中の方にもオススメされるツボです。


三陰交についてのまとめ



男女問わず、不妊には効果的なつぼだとわかりました。
実は、この記事を書くまで、女性専用のツボだと思っていたから・・・

3つの経絡(肝腎脾)の流れがよくなるという、素晴らしいツボだと分かりました。今まで、陰って文字が入っているから暗いツボなイメージでしたが、身体を巡るいいツボのイメージに変わりました(笑)

これからも、三陰交は欠かさず、お灸を行っていきます^^