美的健康生活

健康でキレイになりたい!鍼灸・薬膳・マインドなど、私が実践していることの記録です。

スポンサーリンク

炭酸泉の効果・効用


高井戸天然温泉 美しの湯に行ってきました。
週替わりで炭酸泉とシルクの湯とあるのですが、前回はシルクの湯。今回は炭酸泉の日でした!

温泉に行くと、その日はぽかぽかして気持ちいいのですが、
翌日、顔をみるとスッキリとしていて、顔のくすみが減っていると思うのですね!
す・すばらしい・・・(感動)
今までは登山の帰り・温泉旅行くらいでしか、行かなかったのですが・・これからは温泉をこまめに行きたいなと思います^^

お友達がすすめてくれた炭酸泉。
入浴すると肌にぷつぷつと気泡がつくというくらいで、なにかすごく色の付いた湯とかでもないため
効果とかどんな感じなのか調べてみました。



炭酸泉とは?


炭酸泉とは、炭酸ガス二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことです。
日本の温泉法では、お湯1リットルに炭酸ガスが0.25g以上(250ppm)含んでいれば炭酸泉といえます。
中でも、お湯1リットルに炭酸ガスが1g(1000ppm)以上溶けたものは療養泉として認められており、特に効果が高いといわれています。

ドイツでは、伝統的な炭酸温浴に使われている他に、医療施設に併設された、クアハウスという施設で積極的に利用されています。
またイタリアでは弱酸性の人工炭酸泉は美容にも使われています。

炭酸泉の効果・効用



1.血流促進による効能
血液の循環がよくなることにより、動脈硬化や心臓病など循環器系疾患の症状が緩和されるほか、糖尿病、神経痛・リウマチの疼痛緩和、冷え性・高血圧・肩凝りや血行障害の改善など、幅広い効能が報告されています。

2.皮膚への直接の効能
炭酸泉に入浴すると、細かい泡が肌の表面に付着してきます。
この泡は、気泡が溶けずに残った炭酸ガスです。
この泡が皮膚から吸収されると、血管を拡張させ血流をよくします。
その結果、末梢神経、毛細血管が刺激され、皮膚疾患の改善に役立つのです。

3.心臓に負担をかけない
心臓に負担をかけずに血液の循環をよくすることができることから、ドイツでは炭酸泉は「心臓の湯」とも呼ばれています。


炭酸泉は温熱効果に優れ、さら湯と比べて血行が3~5倍になります。血行が良くなることで、十分な栄養素と、たっぷりの酸素を含んだ新鮮な血液が身体の隅々まで運ばれ、お肌の細胞が活性化するのと同時に、身体の隅々に溜まっている老廃物を速やかに排除し、お肌をより美しくするデトックス効果が期待できます。


天然の炭酸泉について、医療の分野でも活躍しています。
これより抜粋
「長湯温泉入浴は、血管機能を改善し、生活習慣病に有用との結果を得ています。また、いま注目されているHSP(※)が増加することも明らかになっており、医学的効果という点でも結果を出しています」
伊藤医院 伊藤恭院長

HSP(ヒート・ショック・プロテイン)は生体を構成する細胞のタンパク質の修復や処理に関与するもので、近年とても注目を集めています。
細胞の修復やストレスへの抵抗力を強化させることにより、運動能力の高進、健康増進や各種疾病の治療に応用されると期待されています。


http://www.foomac.jp/教えて!炭酸泉より引用

炭酸泉って入浴しているときからすごくポカポカしてきます。それは血行がよくなっている証拠だったんですね。
しかも医学的にもいいとなれば、いうことなし!

しばらく、温泉通いにはまりそう(笑)いずれは天然の炭酸泉の温泉に行ってみたいな^^






人気ブログランキングへ


美は一日にしてならず。
温泉、時間をみつけて通おう。